Recruit採用情報

ユタカ研装のやりがいって?

司令塔にして最前線、
会社の内外から
信頼を集めるベテラン。

川田喜郎

工事部の部長として、部内に的確な指示を発し、数多く寄せられる予算実行書などの管理を行うかたわら、自身も一人の施工管理者として仕事をこなす川田部長。「私の背中を見て学んでほしい」という教育方針の裏側には、マニュアル仕事では決してこなすことのできない、「施工管理」「現場仕事」の極意を知る、ベテランのスタイルがあった。

川田善郎

あなたにとっての働きがいって?

ユタカ研装で25年にわたって施工管理を行っています。その中で思うのは、何よりもコミュニケーションの大切さ。
現場であれば、得意先と協力会社の相性や、現場の状況に合わせた人選など、人を見てコミュニケーションを図りながら判断すべき状況が日常的に発生します。
今でこそ熱絶縁の業界では名の通った企業に成長したユタカ研装ですが、私が入社したころは、まだまだ駆け出しの企業でした。私も、当時私とお付き合いいただいている企業の担当者様も、若く経験の浅い方がほとんどでした。現在では、その担当者様方は部長や専務、時には社長として、企業を牽引する立場になっています。私は幸いにしてその方々と、長年にわたって共に仕事を続けてこられた、つまりは施工管理を通して信頼を培い続けてこられたわけです。
信頼を積み重ねるのには長い時間が必要ですが、崩れるのはほんの一瞬です。今も、多くのお客様や協力会社に支えられるユタカ研装は、これからももっと成長し、仕事の規模を大きくしていく必要があります。それを支えるのは、現在の若手社員や新人たち。私がそうしてきたように、彼らにも長きにわたって、信頼ある取引が行えるパートナーを見つけてほしいと思っています。そのための手助けをすること、そして次世代を担う若手の仕事ぶりを見て行くのが、今の私の働きがいかもしれませんね。

仕事件数も
職場の空気づくりも文句なし、
ユタカ研装のエース。

山田大地

レストランの料理長という前職から、保温工事の施工管理業務へと職を転じた異色のキャリアの持ち主。しかし、その情熱あふれる仕事ぶりと、得意先や協力会社から信頼を寄せられる誠実な姿勢で、みるみるうちにユタカのエースへと成長。自分の仕事だけでなく、会社の未来も見据えながら働くその背中に、あこがれを抱く新入社員も多い。

山田大地

あなたにとっての働きがいって?

この仕事の魅力は得意先や協力会社との連携にありますね。
施工管理は、「顧客管理」「現場管理」「積算・見積」が主な仕事内容となります。得意先から仕事の依頼を受けて、その見積を提出し、協力施工会社に依頼して現場のスタッフ配置などを行うという流れです。
仕事の流れとしてはとてもシンプルなのですが、現場ではすべてが予定通りに進むわけではありません。むしろ天候や不意のスケジュールのズレなど、イレギュラーがあって当たり前なのです。そんなときに、得意先や施工会社との間でいかにバランスを取り、対処していくかが施工管理の腕の見せ所。
こうして案件をこなしていくうちに、仕事の心構えが身に付き、また私をサポートしてくれたり、信頼を寄せてくれる人脈も作られていきました。
私の前職は調理師でしたから、この業界に入るまでは保温工事に関する知識はゼロ。もちろん、施工管理の仕事に対する明確な意志や目標があったわけでもありません。しかし、今こうして自分の仕事に誇りを持って毎日を過ごせるのは、「この業界に入ったからには自分から積極的に行動し、楽しみを見つけ、成長していこう!」という思いを持てたから。ユタカ研装は社員の積極性を評価する環境ですから、自ら学ぼうという意志や、先輩方を通じて知識を吸収しようという姿勢は何より大切です。
これからは自らの成長とともに、新たに入ってくる新入社員に向けてもこの姿勢を伝えていきたいと思っています。誰もが居心地よく、長く勤められる会社を目指して、これからも仕事に、社内の環境づくりに努力していきたいですね。

寡黙果敢、
中堅を担う新卒採用第一号。

中島一也

2008年の入社後、着実に経験と技術に磨きをかけてきた中島。朴訥な風貌のなか、決して多くは語らないが、その言葉には素直な真実味が感じられる。そんな彼も現場に出れば、多い時では一度に10件以上の現場を管理し切り盛りするユタカ研装の頼れる若きエース。後輩社員も増え、ユタカの中核を担う人材として、今後の活躍に期待がかかる。

中島一也

あなたにとっての働きがいって?

施工管理の仕事は、まずお得意様である設備工事会社からいただいた図面を元に、見積もりを行うところから。図面での見積もり作成後お客様と交渉し、無事受注となれば、工事に併せた材料の選定、協力会社の職人手配を行います。
こうして現場の段取りをし、管理していくのが私の仕事ですが、実際当初の段取りの通りに現場の作業が進んでいくわけではありません。
我々の仕事の中では設備や配管など、熱絶縁の前行程の作業が遅れた場合や急なトラブルが発生することも珍しくはないのです。そんなときに、重要になってくるのがお客様や協力会社との信頼関係。トラブルを回避し、工期をずらすことなく遂行していくためには、現場の職人さんや設備会社さんとのコミュニケーションが不可欠。こうしたトラブルを事前に防げたとき、また各所との連携や応変な対応で乗り越えることができると、仕事が成長や信頼につながっていきます。
ユタカ研装での仕事の魅力は、こうした施工管理にまつわるすべての行程を、自分の力で推進していける点にあります。私の仕事が、多くの人との信頼を生むように、またユタカ研装という会社の成長につながるように、これからも自分の納得のいく仕事を積み重ねていきたいですね。

Page Top